英語でメールをする機会が増えています。

英語でメールをする機会が増えています。

学生時代には英語の授業がありましたよね。

授業で勉強したからと言って特に英語が話せるわけではなかったと思います。

仕事を始めてからもっと勉強しておけばよかったと思うことになってしまった人も中にはいるかと思います。

というのも、社内や他社との連絡ツールとしてメールが主に使われることが多いですよね。

海外の会社とやり取りすることもあり得る企業の場合、「メールは英語」での文章になることもあります。

スラスラと書くことができればいいですが、実際は1通のメールを書くのに多くの時間を費やしてしまうこともあるようです。

英語にあまり触れた生活をしていないと話すことや書くことは当然難しいですよね。

仕事となると「出来ない」とは言っていられませんので頑張って書くと思います。

言い回しが少し違うと相手も違った意味で捉えられてしまいそうですが、何度も調べて書いたり、失敗して覚えたりしていくものですので何事にも頑張ってやっていきたいですね。

英語の文章を書くのは難しい。

メールはとても便利なもので遠く離れたところにいる友人といつでもつながることができますよね。

連絡先が間違っていない限り、送信するとすぐに届き便利だなと感じます。

インターネットサービスの普及でソーシャルネットワークを使うと簡単に外国の人たちとつながることもできます。

外国の人たちとつながるにはまず英語ですよね。

私たちは英語を話すことがとても苦手だなと思います。

学校の授業で習ったにもかかわらず全く話せないという人も多いです。

当然、英語でメールをするとなどはもっと難しく思えてしまいます。

文章を書くのは日本語でも難しい時があるのに英語となるともっとハードルが上がりそうです。

よく使われる文章を理解して覚えることができると他にも知りたくなるかもしれないですね。

楽しみながら取り組むことで理解力も上がっていくことだと思います。

英語でメールが書けるようになる

文章も単語をひもといていくと特に難しいものではないこともあります。

熟語などイメージができると学ぶのも楽しそうですね。